NFT無料

NFT

NFTを無料でゲットできる5つの方法|無料のNFTが40万円になることも!?

この記事では、NFTを無料で手に入れる方法についてまとめています。

暗号資産市場で最近話題となっているNFT。

デジタルアートやゲームなど、様々な分野で注目され、需要が高まっています。

ただ、NFTにはじめて触れる方には、気軽に参入できるほど暗号資産を扱うことは簡単ではありません。

本記事では、NFTとは何か?種類や使い方について簡単に解説した後で、無料で手に入れる方法を紹介しています。

是非、NFTという新しい資産を理解し、取引所登録とNFTを利用した資産運用の可能性について考えてみましょう!
 
 
 

NFTとは?

NFTとは。

まずはじめに、NFTの概念について簡単に触れておきましょう。
 
 
 

NFTの定義と特徴

NFT(ノンファンジブルトークン)とは、ブロックチェーン上で管理される暗号資産の1つで、デジタル資産や作品の所有権を証明する役割を持っています。

従来の暗号通貨と異なり、同じ種類のトークン同士で交換ができない「不換性」を持ちます。

つまり、一つのNFTはそれ自身が独自の価値を持つものであり、他のトークンとの交換ができないため、ユニークな価値を持つことができます。

そのため、デジタルアート、ゲーム、音楽などの作品や、限定品のようなコレクターアイテムなど、オンラインコンテンツの価値をNFTで表現することができます。

NFTはその所有権がブロックチェーンによって保証されているため、偽造や不正アクセスの心配がなく、高い信頼性を持ちます。
 
 

NFTが注目される理由

NFTが注目される理由は、大きく2つあります。

1つ目に、従来の資産や作品の所有権を保証する方法に変革をもたらしたこと。

2つ目に新しいビジネスモデルや文化的な変革を生み出す可能性があることです。

NFT技術を使うことで、デジタル作品やコンテンツに独自の価値を与え、売買が可能になります。これにより、アーティストやクリエイターが自分たちの作品に価値を与え、収益を得ることができるようになりました。

また、NFTを利用することで、コレクターがオリジナル作品を手に入れることができ、所有することで自分のコレクションに新たな価値を創出します。

更に、NFTは取引履歴が透明化されており、買い手や売り手の信頼性が高いことから、投資家や企業がNFTを用いた新しいビジネスモデルの構築に興味を持つようになっています。
 
 

NFTの将来性

NFT市場はまだ黎明期であるにも関わらず、多くの投資家や企業が注目しているため、将来的には成長が見込まれていたり、需要が増加し、市場価格が上昇したりする可能性があります。

さらに、NFTによって新しいビジネスモデルや文化的な変革が生まれることも期待されています。

とはいえ、現在NFTを所有する人や取引所はまだ少ない状態です。今から参入することで、先行者優位を取ることができるはずです。

NFT市場に早期に参入することで、今後の成長につながり、高いリターンを得る可能性があると言えるでしょう。
 
 
 

無料で配られたNFTが40万円になった事例

penpenz-xana

出典

無料で配られたNFTに高い価格が付いたという例はいくつかあります。

例えば、XANAという日本人発のプロジェクトから配布された「PENPENZ x CryptoNinja」は、無料で配布された後、取引所での販売価格が急騰し、わずか数日で40万円以上の価値がついたというニュースがありました。(PR TIMES

このNFTは、ペンギンのキャラクター「ペンペン」と忍者のキャラクター「CryptoNinja」がコラボレーションしたもので、XANAが開発したブロックチェーンゲーム「PENPENZ」のプレイヤー向けに配布されたものでした。

このように、NFT市場は急速に拡大しており、需要が高まっているため、無料で配布されたNFTでも価値が上昇することがあることがわかります。
 
 
 

NFTを無料で手に入れる方法5選

ここからは、NFTに興味があったり、これからNFTに触れる方向けに、無料でできるNFTの入手方法をご紹介していきます。
 

NFTエアドロップに参加する

NFTエアドロ

NFTエアドロップは、NFTプロジェクトがユーザーに無料でNFTを提供するプロモーションです。

エアドロップに参加するには、通常はプロジェクトのウェブサイトにアクセスして、事前に参加フォームに必要事項を記入する必要があります。

当選者はランダムに選ばれ、指定された期間にNFTが提供されます。

エアドロップは、NFTを手に入れるための簡単な方法の1つであり、無料で手に入れることができます。

ここでは、日本で行われているNFTエアドロップの具体例を3つ紹介します。
 
 

『サムライ・フロンティア』

日本のブロックチェーンゲーム『サムライ・フロンティア』では、ゲーム内通貨を購入することで、特定期間中にエアドロップに参加できる特典が提供されます。
 

 『Enjin』

NFTプラットフォームの『Enjin』では、TwitterやDiscordなどのソーシャルメディアを介して、NFTエアドロップを実施しています。
 

 『Lilium』

日本のNFTプロジェクト『Lilium』では、ウェブサイトにアクセスして参加フォームに必要事項を入力することで、NFTエアドロップに参加できます。

・・・

これらのNFTエアドロップに参加することで、無料でNFTを手に入れることができます。

ただし、参加に条件があったり、当選確率が低かったりなど、簡単にできる分当選が困難である場合が多くみられます。
  
 

ゲームをプレイする(Play to Earn)

資産性ミリオンアーサー

NFTを無料で手に入れる方法として、ゲームをプレイする方法があります。

通常のゲームでは、プレイヤーがプレイすることでポイントや報酬を獲得するのと同様に、ブロックチェーンゲームでもプレイヤーがゲームをプレイすることでNFTを獲得できます。

ゲーム内で獲得したNFTは、プレイヤー自身の資産として保有することができ、販売やトレードを行うことも可能です。

このことは、これまでのゲーム界隈に革命をおこしています。これまでのオンラインゲームでは、ゲーム内で獲得したアイテムをゲーム外で交換したり売買したりはできないことでしたし、禁止されている場合もあります。

NFT技術を活用したブロックチェーンゲームでは、ゲームをプレイしてNFTを獲得し、お金を稼ぐことも可能になっているわけです。

日本で行われているNFTゲームの具体例を3つ紹介します。
 
 

『LINE NFTの資産性ミリオンアーサー』

LINEが提供するNFTブロックチェーンゲームで、プレイヤーはアバターを育成し、クエストをクリアすることでNFTを獲得できます。
 

『ChainGuardian』

日本のNFTブロックチェーンゲームで、プレイヤーはヒーローを育成し、ダンジョンを攻略することでNFTを獲得できます。
 

『My Crypto Heroes』

こちらも日本発のブロックチェーンゲームで、プレイヤーは歴史上の人物を集め、戦いを繰り広げることでNFTを獲得できます。

・・・

これらのゲームをプレイすることで、無料でNFTを手に入れることができます。また、NFTを保有することで、今後の需要によって価値が上がる可能性があります。NFTゲームに参加することで、楽しみながらNFTを獲得することができるので、興味がある方はぜひ参加してみてください。
 
 

Giveawayイベントに応募する

NFTgiveaway

Giveawayイベントとは、SNS上で主催者がNFTを無料で配布するイベントです。

プロジェクト運営者のみならず、個人のクリエイターやTwitterの発信者が開催することもあります。フォロワー数を増やしたい、ブランド認知度を高めたい、商品を宣伝したいなどの目的でこのようなイベントを行います。

参加者は、主催者のアカウントをフォローしたり、特定の投稿をリツイートしたりすることで、簡単に応募が可能です。

Twitter上でのGiveawayイベントに参加する方法は以下の通りです。

Giveawayに参加する方法

1,参加するイベントのツイートを確認し、ルールを理解する。

2,イベント主催者のアカウントをフォローする。

3,イベントツイートをリツイートする。

イベントツイートに対して、特定のハッシュタグをつけてリプライすることが求められる場合もあります。

4,応募が締め切られるまで待つ。

Giveawayイベントのメリットとしては、無料で手に入れられることや、SNSなどで拡散されることでプロジェクトの知名度が上がることが挙げられます。

また、参加者が増えることでコミュニティの形成につながる場合もあります。

Twitter 検索

Twitterの検索で「#giveaway」と検索すると開催中の企画ができてきます。

一方で、デメリットとしては、参加者が目的のためだけに集まり、プロジェクトに関心がない場合があることや、参加者の中には複数アカウントを使って多数エントリーする不正行為が発生することがあることが挙げられます。

また、参加者が増えた場合には当選者にプレッシャーがかかる可能性もあります。
 
 

NFTコミュニティで活動して貢献する

NFTコミュニティとは、NFTに興味を持つ人たちが集まり、情報交換やコラボレーションを行う場所です。オンラインコミュニティの1つと言えるでしょう。

コミュニティには、TwitterやDiscordなどのSNSがあり、NFTアーティストやコレクター、ファンなどが参加しています。

NFTコミュニティで貢献することは、自分が持つスキルや知識を共有することや、NFT関連の情報を発信することなどが挙げられます。貢献することで、自分自身がNFTについて深く学ぶことができるだけでなく、コミュニティ内での評価も高まり、人と人とのつながりが生まれることもたびたびあります。

NFTコミュニティで活動して貢献することで、NFTを無料で貰う方法として、AirdropやGiveawayの参加権利を獲得することができます。

また、コミュニティ内での活動が認められ、NFTプロジェクトのアンバサダーやコミュニティマネージャーに任命されることもあります。

これらの役職に就くことで、NFTを無料で手に入れる機会が増えるだけでなく、NFT業界での知名度も高まります。
 
 

ブロックチェーンの学習に参加する

NFTを含めたブロックチェーン技術は、まだまだ発展途上の分野であり、多くの人々が未知の世界であると感じていることから、ブロックチェーンの学習に参加することで、将来的な価値のあるスキルを身につけることができます。

また、ブロックチェーンの学習によって、NFTや暗号資産の理解が深まり、その価値の重要性や可能性についても学ぶことができます。

ブロックチェーンの学習に参加する方法は、オンラインで提供される無料のコースや教材を利用することが一般的です。

例えば、Coursera や Udemy といったオンライン学習プラットフォームには、無料でブロックチェーンの基礎や暗号資産の入門コースが提供されています。

また、ブロックチェーンのイベントやハッカソンに参加することも、学習やネットワーキングの面で有益です。

さらに、オンラインでコミュニティに参加することで、多くの人々と交流し、情報共有やアイデアの交換をすることができます。
 
 
 

NFTを無料で手に入れるための準備

NFT購入

ここまで、NFTを無料でゲットするための具体的な方法をご紹介してきました。しかし、ただ活動に参加するだけでは、NFTを受け取る事ができません。

この章では、NFTを受け取るための事前準備について解説します。

事前準備

仮想通貨取引所に登録する

少額の暗号資産を購入する

MetaMaskを用意する

順番に見ていきましょう。

暗号資産取引所に登録する

まずはじめに、国内の暗号資産取引所に登録します。登録は無料です。

「コインチェック」では、日本発の取引所なので、日本の法律に準拠しているため安心して利用することができます。ビットコインやイーサリアム、リップルなど主要な仮想通貨の取引が可能なため、おすすめです。

コインチェックで口座を開設する方法は以下の通りです。

ポイント

コインチェックの公式ウェブサイトにアクセス

「新規登録」ボタンをクリック

必要事項を入力

本人確認書類の提出

これで口座開設が完了です。なお、コインチェックは日本国内の法令に基づいた厳しい本人確認が必要となるため、手続きには少し時間がかかることがあります。
 
 

少額の暗号資産を購入する

口座開設が終わったら、少額の暗号資産を購入してみましょう。

NFTを無料で受け取るために暗号資産は不要ですが、5000円~1万円程度でも暗号資産を持つ事で暗号資産の市場価格の動向や、暗号資産取引に慣れることができます。

また、将来的に資産運用を行う場合にも役立ちます。

コインチェックで暗号資産を購入する方法は簡単です。

ポイント

コインチェックにログインする

取り扱い可能な暗号資産を選択する

注文画面から注文する

価格や数量など必要事項を入力し、注文を確定すると、暗号資産が自分のウォレットに反映されます。
 
 

MetaMaskを用意する

メタマスクとは、暗号資産とNFTを入れておくオンラインウォレットです。

主にイーサリアムというブロックチェーンのやり取りを行うために必要となります。

メタマスクを用意することで、NFTを受け取ったり、NFTを販売したりを簡単かつ安全に行うことができます。

ポイント

Google ChromeまたはFirefoxなどの対応ブラウザを開き、MetaMaskの公式サイト にアクセスする。

詐欺サイトが横行しています。URLが正しいか、今一度確認をしましょう!
正しいURL:https://metamask.io/

サイトの「Get started for free」をクリックし、ブラウザ拡張機能をインストールする。

メタマスクを起動し、ニックネームやパスワードなどのアカウント情報を設定する。

アカウントが作成されると、12ワードのシークレットフレーズが表示されるので、必ず安全な場所に保管する。

暗号資産の特性上、中央の管理者や問い合わせ窓口などが存在しないため、パスワードとシークレットフレーズの管理はご自身だけが行います。厳重に保管しましょう。

これでNFTを無料で受け取る準備が完了です。
 
 

無料でNFTをゲットしてみよう!

現在、NFTはとても注目されており、無料で手に入れる方法もいくつかあります。

エアドロップ、ゲームプレイ、Giveawayイベント、NFTコミュニティへの参加、ブロックチェーンの学習などがあります。

事前に暗号資産取引所の口座とメタマスクを用意しておくことで、より安全にNFTを取引できるようになります。

NFTの価値が今後どうなるかはわかりませんが、今後もさらに注目を集めることは間違いないでしょう。

まずは無料のNFTを手に入れ、その楽しさや有用性を実感してみましょう!

-NFT
-, ,